【活動報告】春の親子遠足「あいちゃん牧場」BM活性水見学      ~生協あいコープみやぎ~

2015.05.27 16:41 | せっけん運動について

春休みを利用して、石けん環境委員会の親子で、あいあいファームわはわ田尻・あいちゃん牧場に行ってきました。
初めて見る豚さんたちに最初はみんなドキドキ!
わはわ田尻の職員さんや利用者のみなさんからやり方を教わりながら、実際に豚舎に入ってお掃除をしたり、空いている豚舎に米ぬかをまく作業をさせていただきました。

スコップを使って  こめぬかをおろす

「スコップを使って豚舎内のお掃除(糞取り)」         「米ぬかをおろす。重~い。」

こめぬかをまく 小野瀬理事長

「豚舎に米ぬかをまく」          「小野瀬理事長からあいちゃん牧場の成り立ちや
BM活性水について教わる」

小野瀬理事長からあいちゃん牧場の成り立ちやBM活性水について、みんなの輪の吉武理事長からは世界的に豚がどうやって飼われているか、などの現状を教えていただきました。

・あいちゃん牧場は、組合員の出資金を利用して作られたパイロットファーム(実験農場)で、組合員が利用できる施設
・バイオベッドとBM活性水を使って、清潔に・健康に育てることが出来る。
・通常の飼育方法では、豚は自由に動き回れない。アメリカでは2段になってつながれた状態で飼育されている。

とのことです。
耕畜連携、地域循環を目指したあいコープの実験農場である「あいちゃん牧場」。
こうして親子で気軽に行けて、命をいただくことの大切さ考える機会を得られるのも組合員の特権ですね。またみんなで行きましょう!

集合写真

2015年4月3日 生協あいコープみやぎ 石けん環境委員会 宮城県大崎市田尻

訪問先「あいあいファーム わ・は・わ田尻 : あいちゃん牧場」