石けんの良さを伝えたい、チラシを作成しアピール~多摩きた生活クラブ生協の活動~

2021.06.25 10:00 | せっけん運動について

生活クラブ生協・東京は、都内のエリアごとに4つの地域の生活クラブ生協(ブロック単協)があります。組合員はそれぞれの「地域の生活クラブ」と「生活クラブ・東京」に加入し、地域ごとにすすめる共同購入事業、東京全体ですすめる事業(デポー(店舗)事業、展 示会事業、住宅事業など)両方を行なっています。

多摩きた生活クラブ生協(ブロック単協)では、2020年11月長谷川治さん(洗剤・環境化学研究所 代表)を講師に「ウイルス対策に石けんは最強?」 ~コロナウイルスVS石けん 科学的視点で考えてみよう~の講演会を開催しました。講演会をきっかけに石けんの凄さを実感し、石けんがコロナに効くという事が国のお墨付きをもらっているのであれば「そのことをたくさんの組合員に伝えたい!永久保存版のようなチラシを作りたい!」という思いを持ちました。まちづくり委員会であれこれ話し合い、チラシを作成し、配送組合員全員に配付しました。

チラシはここをクリック⇒石けんチラシカラー表

チラシはここをクリック⇒石けんチラシカラー裏

2021年度の新しいまちづくり委員がこのチラシの素晴らしさに感動!「新規加入者に配りたい!」「シャボン玉首長メッセージの書類と一緒に渡したい!」など活動への熱い思いを持ちました。チラシはカラー版にバージョンアップし、そして使い方については「まち(注)」で検討中。現在デポー(店舗)組合員への配付も検討しています。

*注:「まち」は地域の組合員の活動組織。多摩きた生活クラブは自治体を基本とした16の「まち」があります。
(生活クラブ生協・東京)