はじまりと設立

洗剤による水環境の悪化が社会問題化する中、「協同組合石けん運動連絡会(協石連)」は1981年に設立しました。せっけん運動を推進する協同組合や生産者団体が中心となり、安全や環境に配慮した活動を推進してきました。

合成洗剤問題の研究やせっけんの改良・普及にとどまらず、広く環境問題に目を向け、飲料水の水質調査や無蛍光衣料の普及、化学物質削減ネットワーク(Tウォッチ)への参加などの活動も行なってきました。

またアジア各国でせっけん会議を開催するなど、海外でも活動を展開してきました。そしてこのたび、より参加しやすく、多くの団体で運営していく組織になるために組織を改編し「せっけん運動ネットワーク」として再出発することになりました。